2021年2月2日火曜日

One Drive上にExcelToolのファイルを保存できるようにしてみた

棚卸パッケージをOne Driveの設定されたPCにインストールして使おうとしたところ、問題が起こったので、調べてみました。


問題点

  • デスクトップ上の「MANICA EXCEL TOOL」のショートカットを開くと、「MANICAExcelTool.xltx [読み取り専用]」として開かれる


  • 保存したxlsxファイルを開こうとすると、「場所が信頼できる場所の一覧に含まれていないため~」というエラーダイアログが表示される


使ったもの

  • 棚卸パッケージ Ver. 2.5.0
  • One DriveのセットアップされたWindows 10 PC
  • Excel 2019


解消方法

デスクトップなど、One Drive配下に置いたファイルを一度開いてください。「Microsoft Office ドキュメントのカスタマイズ」というダイアログが表示されたら、OKボタンを押してください。

ファイルの「最近使ったファイル」のところに、こんな感じで、上で開いたファイルが表示されていると思います。右クリックして「パスをクリップボードにコピー」してください。



「その他...」の「オプション」をクリックしてください。

左の列で「トラストセンター」を選び、右にある「トラストセンターの設定」をクリックしてください。(セキュリティセンターという名前になっているかもしれません)


左の列で「信頼できる場所」選んで、「自分のネットワーク上にある信頼できる場所を許可する(推奨しません)」にチェックしてください。「新しい場所の追加」ボタンをクリックしてください。

パスのところに先ほどクリップボードにコピーした内容をペーストしてください。その際、「https://d.docs.live.net/XXXXXXX/」の後ろは消してしまってください。「この場所のサブフォルダーも信頼する」にチェックを入れてください。

あとは、OKを押していっていただき、ダイアログをすべて閉じたら、一度Excelをすべて終了し、再度開いてみてください。ショートカットを開いて、[読み取り専用]となってしまう件も、エラーダイアログが出て機能が使えない件も解消されると思います。












0 件のコメント:

コメントを投稿